ご家庭の愛猫を肝臓病にしないために予防をしよう

犬と人

単犬種を扱う業者を

よいブリーダーかどうか見極めるには、ブリーダー以外の仕事もしているかといった点や、柴犬ならば柴犬のみを扱っているかなどといった点をチェックしましょう。スタンダード品質に近づける努力をしているはずなので、コンテストに出展していたり、豆柴は扱っていなかったりするのが普通だといえます。

楽しく飼いたい

チワワを購入する際は、いくつか大事なポイントがあります。まず最初に購入したい子犬だけでなく、親犬の性格や特徴を確認する事が大事です。続いてチワワの健康状態を確認します。直接体の状態をチェックするだけでなく、ワクチンの実績も確認します。また購入価格の相場を理解したうえで、適正価格であるか判断します。

愛嬌たっぷりな容姿が魅力

ミニチュアダックスはドイツの狩猟犬をルーツに持つ小型犬です。胴長短足の外見に独特の愛嬌があり、性格的な飼いやすさもあって非常に人気の高い犬種です。友好的で従順なタイプが多いですが、しつけは早いうちからしっかり行う必要があります。

ペットに病気をさせない

猫

予防が大事

飼いやすいペットとして人気が高まっている猫でも、日々のケアを怠ると肝臓病になってしまうことがあるので、注意が必要です。肝臓は、身体の消化機能や解毒作用という重要な働きをしていて、沈黙の臓器と呼ばれるくらい静かに黙々と働いています。そのため、肝臓病が重症化して初めて症状が現れるというケースがほとんどです。ですので、猫の様子が少しでも変なら、早めに動物病院を受診することが大切です。それと何より、肝臓病にならないために、普段から予防策を実施することを忘れてはいけません。猫が肝臓病になる原因は、ウイルスや細菌、薬物によるものなどさまざまありますが、主な理由は食生活にあります。食事から適度な栄養が補給されないことにより、肝臓に負担がかかり、病へと発展してしまいます。なので、肝臓にあまり負担がかからない食事を猫に与えれば、肝臓病を予防することができます。具体的には、良質なタンパク質や消化の良い炭水化物を使用したキャットフードを選ぶと、肝臓の負担を減らせます。ただし、タンパク質の摂りすぎは肝臓に負担がかかるので、適度な量を与える必要があります。また、炭水化物はイモや豆類を使用しているフードを選ぶと消化が良くなります。それから、無添加なものやオーガニック認定を受けたものだと毒物の危険を回避できるので安心です。そして、低脂肪のフードも肝臓の負担を減らせるのでおすすめです。日頃からキャットフードで猫をケアしてあげれば、肝臓病を防ぐことができます。